軽自動車の車検を受ける業者の比較方法

自動車検査登録制度というのは、自動車、排気量が250ccを超える自動二輪車が保安基準に合っているかどうかを確認するために、一定期間ごとに行われている検査の事を言います。また、自動車の所有権を公証する為に登録する制度です。一般的には車検と言われています。検査の種類には、新規検査、予備検査、構造等変更検査、継続検査があり、一般的に車検と呼ばれているのは継続検査の事です。継続検査とは、使用している車の自動車検査証の有効期限の延長を目的としています。同一の車両を一定期間継続使用する為におこないます。基本的には新車で3年後、その後は2年ごとに検査が必要です。これを受けないと罰則の対象となります。うっかり受け忘れない様に気を付けましょう。今回は軽自動車に焦点をあてていきます。

軽自動車の車検を安く受ける方法

軽自動車の車検の費用は、大きく分けてふたつになります。ひとつは法定費用です。もうひとつは点検、整備代です。法定費用とは、自賠責費用、自動車重量税、印紙代の事です。自賠責保険はすべての人が加入する事を義務付けられているもので、二年分をまとめて支払います。自動車重量税は決められた税金で、エコカーなどは減税されます。印紙代は1100円から1400円がかかります。これは依頼する場所によって変わります。点検、整備代はそれぞれお店によって変わってきます。車検の費用を安く抑えたいのであれば、ここが安い所に頼めばいいのです。また、場合によっては部品交換が必要になってきたりします。この場合部品代や交換代が必要になりますので、この部分も見積もりを取って確認しましょう。ですので、車検を受ける場合にはいくつかの店舗で見積もりを作成してもらいましょう。

軽自動車の車検を受けられる場所とは

軽自動車の車検を受ける方法は、二通りあります。一つは国の認証または指定を受けた整備工場に持って行く事です。もう一つは、軽自動車検査協会に車を持ち込んで検査を受ける方法です。後者は自分で持って行かなくてはならないので注意が必要です。前者に関しては、ディーラーや単独車検業者、フランチャイズ業者などがあります。独立車検業者には整備工場やガソリンスタンドなどがあります。業者が点検費用を決定しますので、車検費用に幅が出ます。フランチャイズ業者も、形態としては整備工場やガソリンスタンドですが、統一ブランドの形成から相場に大きな幅が無く、検査水準も一定にしているのが違いといえます。いずれにしても、車検を受ける時にはいくつかの業者から見積もりを出してもらうほか、信頼出来る業者を探し出す事が重要になります。最近ではネットで費用の比較も出来るので、活用するといいでしょう。