高金利なソーシャルレンディングのメリット

クラウドファンディングのひとつで、投資対象をローンに特化しているのがソーシャルレンディングです。投資家はまず投資ファンドの会員となり、一定の資金を預託し新しい案件が入り次第、投資すると判断すれば投資金額を入力するだけで成立します。こうして集まった資金が規定額に達すると融資希望の会社に対して高い利回りで融資が実行されることになります。投資する側としては1万円程度の少額から可能で、数か月単位の短期での運営も案件によっては可能です。他の投資に比べても高金利で、一度投資すれば放っておいても良いなどののメリットがあります。一方、主なリスクとして借り手の倒産ですが、今のところほぼ0%であり、貸し倒れリスクも低いとされており、新たな投資として注目されるところです。

ソーシャルレンディングのメリット

貸し手と借り手を、ネットを介してマッチングさせるソーシャルレンディングは、高利回りを謳い文句に注目されつつある新しい金融商品です。メリットとして、定期預金や債券はもちろん、不動産よりも利回りが良い、少額からの投資が可能でリスク分散できること、融資先によっては創業間もない企業を応援する形にもなったり、環境改善や新しいサービス、インフラ整備など社会貢献に繋がる案件も多いことです。また貸し付けであるため流動性がなく、市場の動向に左右されないことです。また、売買の差益で利益を出す商品ではないために、満期まで何もしなくても良いところは、忙しい人にとっては非常に大きなメリットと言えます。ただ元本保証がないことや中途解約や満期まで待つ必要があるため現金化できない点などは注意する必要があります。

ソーシャルレンディングが高金利な理由とは

このように比較的リスクも少なくメリットが多いソーシャルレンディングですが、やはり高利回りであることが最も魅力的なところです。なぜこれが可能なのかは、銀行融資と比べるとわかりやすいです。銀行は預金として預かったお金を資金として融資し、融資で得た利息から利益を差し引いて残りを預金者に利息として分配します。一方、ソーシャルレンディングの場合、投資家は仲介会社を通じて融資先の会社に投資しますので当然リスク自ら背負います。その結果仲介化視野に手数料は支払うものの利息自体は銀行預金よりも高くなるのです。また仲介会社はネットを活用することで低コスト経営が可能になりますので、借り手には低金利で、投資家には高金利な還元が可能になるのです。しかしながらソーシャルレンディングが大きくなるほど融資先のリスクも高くなりますので、情報開示や担保の設定などリスクを回避する判断材料の拡大が求められます。