高金利なソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングとは、新しい投資方法でインターネットを介して特定の事業に対して投資するというものです。投資する側のメリットとしては、少ない資金から直接投資でき、かつ高金利を得られやすいということで、投資を受ける側のメリットとしては銀行などから借りるよりも低金利で、かつ審査の基準がゆるやかといったことがあります。また仲介する銀行や証券会社はリスクを取らずに手数料収入を得られるといったことからソーシャルレンディングの市場は拡大しています。しかし、高金利になればなるほど、投資を受ける事業者の負担は大きくなるため、事業を圧迫するリスクがなります。このため高金利なソーシャルレンディングでは収益性などを見極めないと投資した資金を回収することができなくなるデメリットがあります。

ソーシャルレンディングとは?そのメリット

ソーシャルレンディングとは、新しい投資方法のひとつでインターネットを介して特定の投資先に資金を投じて配当を得られるというものです。似たようなものとしては投資信託がありますが、投資信託では運用を銀行や証券会社に任せるというものですが、ソーシャルレンディングではより直接的に投資を募集している人に対して投資することができます。このため投資する側は高金利を得られやすいといったメリットがありますが、実際のところは投資事業によって高金利がデメリットになる場合もあります。なお、ソーシャルレンディングの良いところは営利目的のほか非営利目的などの投資先も紹介しているということで、資金を必要している人により直接的に投資ができるという点があります。また、安全性が高いソーシャルレンディングでも銀行に預けるよりは高い利回りを得られるという点もメリットといえます。

デメリットにもなりうる高金利について

ソーシャルレンディングでは、投資先の事業をよく見極めることが大切です。理由としてはソーシャルレンディングでは、投資信託などとは異なりより直接的に投資するもので、仕組みとしては株式や社債に近いものですが、ソーシャルレンディングでは仲介会社の審査が異なっており、信用力に劣るところも多くあります。もちろん、事業そのものがまったく成功していないようなものはソーシャルレンディングでも募集するようなことはしていませんが、そのような案件は投資が集まりにくいため高金利になりがちです。このため高金利である場合にはその事業内容をより詳しく分析する必要があります。特に高金利を支払えるだけの収益性のある事業内容であるかどうかを見極めるのもリスクを避ける上で重要です。