軽自動車の車検を受けるための方法

軽自動車を所持していれば、必ず定期的に受けなければならないのが車検です。通称名である車検の本来の名称は自動車検査登録制度であり、道路運送車両法と呼ばれる法に規定されています。車自体の構造や装置が水準以上であるかどうかを検査することはもちろん、車検を通過すれば自動車検査証が交付されます。次回の車検期日や車両番号など様々な記載がされていますが、必ず携帯することが定められています。違反を起こした場合、減点点数としては変わりませんが罰金が高額になることはあまり知られていないので、注意が必要です。そんな大事な車検証を交付するためになくてはならない車検ですが、当然費用がかかるためにできれば安く済ませたと思う人も多くいます。CMや車の情報誌、街看板などにいくらからとの記載がされていますが、ただ安いという言葉に飛びつくのではなくメリットデメリットを踏まえた上で冷静に判断することが大切です。

軽自動車における車検費用のしくみ

軽自動車は普通車よりも車検の費用が安いと言われていますが、どうして安いのかはあまり知られていません。車検で支払うお金には、大きく分けて法定費用と整備費用があり、この2種類を併せて車検費用となります。法定費用の中身は、重量税、自賠責保険、印紙代であり、軽自動車に定められている重量税と自賠責保険が普通車より安いため、費用が抑えられるという仕組みです。しかしながら、重量税においては13年を超えると税率が変わってくるため、念頭においておく必要があります。車検を受ける軽自動車がエコカーであれば費用も変わってくるため、購入の際に考慮するとよいでしょう。また、整備費用においてですが車は10年を経過すると修理箇所が一般的に増えてくるので、支払う金額は当然増えます。そのため10年を越した時点で新車に買い替えれば、次の車検は3年後となり車検費用も少なく済みます。そういった点を踏まえて、考える必要があります。

軽自動車の車検を受けられる場所の選び方

所持する軽自動車に対して、普段からどの程度のメンテナンスを実施しているかということも車検を受けるうえでの判断基準にすると良いでしょう。普段からメンテナンスをしっかりしていれば、いつも行っている検査をあえてする必要はないため、費用として最も安い車検代行という選択肢もあります。基本的に整備点検はありませんが、費用的には一番費用が高いと言われているディーラー車検とは万単位の差がでます。もちろん金額が高いがゆえ、自社の純正部品を使っていることや、車の特性を理解しているので、信頼度は高いと言えます。また、他に車検を受けることが可能な場所として、車検専門店や民間整備工場などがあります。安くて早いことが売りであったり、整備に関してはプロと謳っていたり、保証期間がある車検もある中で納得した車検を受ける場所を探すことをおすすめします。